フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

資料室

2011年1月12日 (水)

黄桜酒造 平成23年度 かっぱカレンダー 京都の道

23 Photo

1月から始まるのに、何故か「平成二十三年度」って年度版になっています。

絵にはタイトルがあり、それぞれ以下の様になっています。
  1-2月 祇園白川
  3-4月 哲学の道
  5-6月 嵐山竹林
  7-8月 祇園祭四条通り
9-10月 ねねの道
11-12月 錦小路通

2011年1月11日 (火)

2011年のカレンダー(ブリジストン)

小島功先生も絵を書いていらっしゃるブリジストン自転車のカレンダーです。
近くの自転車屋さんで頂きました。

Photo_4

2011年1月10日 (月)

2011年のカレンダー(小島功オリジナルカレンダー)

平成23年の「小島功先生オリジナルカレンダー」です。
長い髪に花の髪飾りをした若いお嬢さんですが、いかにも和服が似合いそうな
長い首をしていらっしゃいます。

Photo_3

当館も首を長ーくして(笑)、お客様のお越しをお待ちしております。

2010年12月17日 (金)

マンガ博覧会'81パンフレットの入場記念スタンプ

マンガ博覧会'81のパンフレットの最後には、会場でスタンプを押して
先生にサインをもらおう!という特典がありました。

Photo

(展示品はコピーです)

2010年12月16日 (木)

開運テレホンカード 仙人部落より仙女シリーズ partⅠ

当館の珍品
開運絵馬を型取った、小島功先生の仙女テレホンカードです。

Photo_3

ひとの喜び悲しみの声を抱いて、仙女は天を翔び、虎は千里を疾る。
悲しみは浄化され残るは花。
幸運―仙女の合言葉。小島 功

2010年12月 7日 (火)

切り絵職人 水口千令さん 伊豆の踊り子

あっと言う間に有名人になってしまった切り絵の水口千令さん。
修善寺「虹の郷」にお店(紙切り工房)を開いていた頃から、応援しています。

Photo_2
写真は「伊豆の踊子」
著作権の関係から、ポストカードとして販売されている作品をご紹介します。
1枚150円~  伊豆箱根鉄道の修善寺駅などでも販売しています。

■紙切りの店■
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺825-3-1
営業時間:11時~15時(不定休)
TEL/FAX 0558(73)0558

2010年12月 6日 (月)

フレンドワークかざぐるま 修善寺紙 手漉き和紙 

パンフレットには
「さわやかな笑顔 やさしい心 みんなの力でまわる かざぐるま」とあります。
私は ここの「手すき和紙 絵葉書」が大好きです。

Photo 2

特定非営利活動法人「フレンドワークかざぐるま」
〒410-2407 伊豆市柏久保601-4
TEL/FAX 0558(72)0757
http://www4.tokai.or.jp/frendwork/

2010年12月 4日 (土)

みそ汁一ぱい ニコチン退散(全国みそ連合会)

味噌汁にはニコチンやアルコールを中和して胃に活力を与える
働きがあるとのことです。
味噌の中に多量に含まれるコリン(ビタミンの一種)は、脂肪
が肝臓にたまるのを防ぎます。

Photo_3

「味一番大正みそ」 合資会社水越伍平商店
創業:大正元年 資本金600万円 従業員13人(2010/5/12現在) 

2010年11月20日 (土)

江口寿史作 My Favorite Town Kichijoji イラスト

江口寿史(えぐち ひさし)先生は、東京・吉祥寺にKOTOBUKIという
スタジオを構えている関係で、吉祥寺の宣伝に一役買われています。

1

小島功先生とのご関係は、
1968年第14回文藝春秋漫画賞(小島功「日本のおかあちゃん」「7-8=1」)
1992年第38回文藝春秋漫画賞(江口寿史「江口寿史の爆発ディナーショー」)
と同じ文藝春秋社の漫画賞を獲られています。

当館とは「寿つながり」だったりして…。(笑)

2010年11月18日 (木)

昭和のマンガ展(1989年11月)

1989年11月2~7日 銀座松阪屋にて「昭和のマンガ展」が開催されました。

Small
当館には、当時発行された限定冊子(136頁)に小島功先生が自筆サインされた
資料がございます。

主催:朝日新聞社 後援:日本漫画家協会 朝日小学生新聞 他全国計4ヶ所