フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ガーン | トップページ | 食欲の秋です »

2011年9月 5日 (月)

小稲の虎舞

ノロノロ台風で色々被害が出ていますね、こちらでは特に被害はありませんが、雨が降ったり止んだりハッキリしない天気が続いています。

今日は9/11に南伊豆町の小稲という地区で行われる小稲の虎舞をご紹介します。
毎年中秋の名月前夜(旧暦の8/14)に来宮神社祭典で奉納される虎舞です。
江戸時代の劇作家、近松門左衛門の書いた「国姓爺合戦」(こくせんやがっせん)の一部を舞にしたもので、漢人「和藤内」が竹やぶに差し掛かった時に大虎と出くわし、格闘の末生け捕りにし連れ帰るという筋書きです。
宵祭りでは浜の特設舞台「虎山」で舞が始まります。笛と太鼓のおはやしに乗り「大虎」が登場、大虎は虎山を縦横無尽に大暴れし、時折愛嬌のある仕草を織り交ぜた舞です。見せ場では地元中学生が扮する和藤内が現れ、虎との格闘を展開、襲い掛かる虎を捩伏せ「虎をやすやす従えて嬉しいな、息あるうちに我が宅に連れ帰る」と口上を述べます。
全国的にも珍しいこの虎舞、豊年の年には竜も出て竜虎の舞が行われます。県の無形文化財に指定されています。

« ガーン | トップページ | 食欲の秋です »