フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

南伊豆の猪猟 解禁日2010/11/1

例年ですと、南伊豆のイノシシ猟は「11月15日」が解禁日ですが、
平成22年は罠(わな・ワナ)猟の解禁が11月1日に早まるそうです。
(鉄砲による狩猟解禁は、例年通り11月15日が予定されています。)

Photo(写真は昨年のもの)

南伊豆 入間差田 民宿ことぶき は兄弟で「いのしし猟」をしており、
兄が鉄砲撃ちで、弟がワナを使います。

豊富な経験と知識で、自ら猪肉を捌きますので、血抜きも早く完璧。
業者さんから仕入れる物とは全然違う、臭みのない、まさしく獲れたての旨さです。

Photo_2 (調理の例)

2010年10月30日 (土)

ヌード等の展示について(当館の考え)

当館は小島功先生の伊豆アトリエを改装し、貸別荘にしております。
一棟貸切りで広い建物をご自由にお使い頂き、都会では出来ない
「遊びや学び」等の貴重な体験をして頂きたいと思っています。

また先生が創作活動に使われた空間で、同じ様に「絵を描きたい」
という方にもご利用頂きたいと思います。

そのため管理者が以前から所有する作品やその後買い求めた作品
等を展示しました。そこには「美人画」「裸婦」「ヌード」「河童」を
テーマにしたものが多くございます。

小さなお子様をお連れのお客様の中には、気分を害される方も
いらっしゃるとは思いますが、この様な経緯を知って頂き、どうぞ
芸術作品としてご理解頂けますことをお願い申し上げます。

なお作品は施錠できる「資料室」に、基本的にまとめて展示しております。
(玄関・リビングの雰囲気に合わせて、館内展示した作品もあります。)

2010年10月29日 (金)

酒は黄桜ほんづくり(美女河童のトレー)

またまた当館自慢の珍品?
黄桜酒造(現在は黄桜株式会社)のトレーです。

Photo 2

小島功先生の美女河童が妖艶な雰囲気を醸し出しています。
また隣のヌードは若かりし頃の「宮沢りえ」さんです。

2010年10月28日 (木)

南伊豆は「天然自然薯」が特産(名産)

別荘から歩いて裏山を探索したところ、早速山芋のつるを見つけました。
ここ南伊豆町入間差田は、知る人ぞ知る美味しい自然薯が捕れる所です。
(地元民には有名なのですけど…。)

Photo Photo_2 Photo_3

まず写真を見て下さい。
蔓は右巻き。葉上はところ下が山芋です。これからの成長が楽しみです。

11月位からが掘り頃で、初心者の人には僕(トシキ)がお手伝いします。
裏山探索第2弾の情報にも、こうご期待!

2010年10月27日 (水)

宇留井島とグミカジロの鼻

伊浜には「落居」という集落があり、その名が示す通り、平家の落人伝説があります。
その落居の沖に浮かぶ小島が、無人島である宇留井島(ウルイ島)です。

Photo_3

その手前にはグミカジロの鼻という小さな岬があり、そこの海食洞は反対側(約100m)
まで貫通しています。絶好のカヌー(シーカヤック)ポイントです。
また島と岬との間に浅い葉状の海底があり、うねりが生み出す大波は絶好のサーフポイントになっています。

2010年10月26日 (火)

南伊豆パワースポット 二十六夜山(にじゅうろくやさん)

日本には「二十六夜山」と名の付く山が3ヶ所あります。
一つは南伊豆町吉田の二十六夜山(標高310.7m)で、
残りは山梨上野原の秋山二十六夜山(971.8m)と都留の道志二十六夜山(1297.3m)。

26 26_2

ここには月待ち信仰である「二十六夜伝説」という言い伝えがあります。

時は江戸時代。
旧暦1月と7月の26日三日月の夜半に月の出るのを待って拝んだ。(月隠 つきごもり)
この晩の月はごく細い下弦の三日月で、月光に弥陀菩薩と観音菩薩と勢至菩薩の三尊
が浮かぶという。
この時代、隠れキリシタン達が二十六夜の月にかこつけて、仏を拝むと称して秘かに
山上に集まり、マリア様への祈りを捧げたのではないか…という説もある。

一途な信仰への想いが一ヶ所に集まり、訪れる貴方にパワーを与えてくれます。

2010年10月25日 (月)

我が愛車(スズキ ジムニー 660)

私の相棒である愛車の「ぽん子2」を紹介しましょう。
(けしてポンコツなのではありません!)

2
この他「民宿ことぶき」では、①お客様送迎用のワゴン車、②軽トラック他
を保有しております。浮気ではありません(笑)【ヒデト】

2010年10月24日 (日)

小島功作 水辺有情 竜田川(10月)

小島功画伯の原画を、高見澤木版社により浮世絵版画技法を用いて
手摺り木版画にした「水辺有情※」シリーズです。

Photo_2
小島功先生の直筆サインと落款印が入っています。
(本作品は「民宿ことぶき」に展示されております。)

※四季を彩るかっぱ達。12枚の絵に込められたかっぱの桃源郷。
 越前生漉奉書 印影漉込の用紙を使い、彫師「小池茂(都知事指定
 優秀技能賞受賞者)」、摺師「木島重男、吉野雪夫、浜野正良」が
 28~35度摺りしたもの。

 江戸木版画として、文化庁認定「重要民俗文化財選定保存技術」
 東京都知事指定「東京都伝統工芸品」に認定されています。

2010年10月23日 (土)

小島功作 水辺有情 薫風(5月)

小島功画伯の原画を、高見澤木版社により浮世絵版画技法を用いて
手摺り木版画にした「水辺有情※」シリーズです。

Photo
小島功先生の直筆サインと落款印が入っています。
(本作品は「民宿ことぶき」に展示されております。)

※四季を彩るかっぱ達。12枚の絵に込められたかっぱの桃源郷。
 越前生漉奉書 印影漉込の用紙を使い、彫師「小池茂(都知事指定
 優秀技能賞受賞者)」、摺師「木島重男、吉野雪夫、浜野正良」が
 28~35度摺りしたもの。

 江戸木版画として、文化庁認定「重要民俗文化財選定保存技術」
 東京都知事指定「東京都伝統工芸品」に認定されています。

2010年10月22日 (金)

小島功作 衣がえ

小島功画伯の原画を、高見澤木版社により浮世絵版画技法を用いて
手摺り木版画※にしたものです。

Photo_17
小島功先生の直筆サインと落款印が入っています。

※越前生漉奉書 印影漉込の用紙を使い、彫師「小池茂(都知事指定
 優秀技能賞受賞者)」、摺師「木島重男、吉野雪夫、浜野正良」が
 35度摺りしたもの。

 江戸木版画として、文化庁認定「重要民俗文化財選定保存技術」
 東京都知事指定「東京都伝統工芸品」に認定されています。

2010年10月21日 (木)

小島功作 水辺有情 待ち人(2月)

小島功画伯の原画を、高見澤木版社により浮世絵版画技法を用いて
手摺り木版画にした「水辺有情※」シリーズです。

Photo_16
小島功先生の直筆サインと落款印が入っています。

※四季を彩るかっぱ達。12枚の絵に込められたかっぱの桃源郷。
 越前生漉奉書 印影漉込の用紙を使い、彫師「小池茂(都知事指定
 優秀技能賞受賞者)」、摺師「木島重男、吉野雪夫、浜野正良」が
 28~35度摺りしたもの。

 江戸木版画として、文化庁認定「重要民俗文化財選定保存技術」
 東京都知事指定「東京都伝統工芸品」に認定されています。

2010年10月20日 (水)

小島功先生の「美女画集」

Photo_12 2

当館に若干の在庫があります。1冊4800円(税別)で販売しております。

商品解説:(MARCデータベースより)
---------------------------------
豊かな胸としなやかな腰をもつ、魅惑的な美女を描いてきた漫画家・小島功。
その画業60年を記念してまとめられた画集。

出版社: 青林堂 (発売日2005/03)
ISBN:4792603773  ISBN13:978-4792603779
価格:4800円(税別)

著者略歴 小島 功 (BOOK著者紹介情報より)
-----------------------------------------
昭和3年3月3日、台東区根岸に生まれる。
昭和18年、絵を描く事に興味を持ち始め文京区春日町にあった川端画学校に入学、
        本格的なデッサンの勉強を始める。
        そこでの加藤芳郎氏との出会いで漫画家への道を歩むことになる。
昭和23年、戦後の混乱からようやく日本が立ち直りを見せる頃、仲間と結成した
         「独立漫画派」に人気が集中し、次々と連載作品を発表する。
        豊かな胸としなやかな腰の魅惑的な美女たちが続々と登場する。
        さらに政治漫画やCMなど、流麗な線で一世を風靡する。
昭和31年 代表作「仙人部落」連載開始。
昭和40年 TV番組「11PM」にレギュラー出演。
昭和43年「第14回文春漫画賞」受賞。
        インターナショナルなナンセンス漫画としての評価を得る。
平成2年「紫綬褒章」受賞。昭和生まれの漫画家としては、初めての受賞である。
平成12年「勲四等旭日小綬章」受章。
現在、日本漫画家協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時のものです)

2010年10月19日 (火)

南伊豆ナニコレ珍百景「中腹にある峠の茶屋」

南伊豆町子浦の「峠の茶屋」さん。

峠の意味を調べると「山を越える道路の最頂点」とありますが、ここは中腹に存在します。
ここの看板が秀逸!可愛らしいキャラクターです。

Photo_10 Photo_11

2010年10月18日 (月)

南伊豆ナニコレ珍百景「夕日が丘 五猿(ご縁)の像」

五猿と言う割に何故か四頭しか映っていません。(4匹目分かりますか→答えは章末へ)

Photo_8
心霊写真か、それとも誰かの悪戯で盗まれてしまったか…。
もしかしたら、1頭は逃げ出したのかもしれません。

それとも最後の1頭は「あなた」の事だったりして(笑)。
【4匹目は中央の母猿がお腹に抱いています】

2010年10月17日 (日)

南伊豆は栗拾いが最盛期

どうです。でかいでしょ(驚愕!) あまりの大きさに「びっくり」しますよ。クリだけに…(笑)

Photo_7

週末、南伊豆で皆さんのお越しをお待ちしております。

2010年10月16日 (土)

安野モヨコ先生原作のアニメ「働きマン」DVD全4巻

2006年10月より毎週木曜24:45からフジテレビ「イノタミナ」にて放送された
安野モヨコ先生原作のアニメがDVDで登場です。

Photo_9

2010年10月15日 (金)

内山牛松作 女河童

内山牛松先生は 大正2年 静岡県引佐郡三ヶ日町出身で、遠州信用金庫の
第2代理事長(昭和53~58年)を歴任されています。
また遠州大福寺(重文3点所蔵)に、襖絵12枚を描かれました。

Photo_5
内山先生は昭和23年に洋画家の福沢一郎氏のグループに所属しましたが、
芥川龍之介の「河童」に影響され、以後亡くなるまで水墨調の河童を描かれました。
その間、中日新聞等に河童随想を書いたり、NHKでかっぱ講義を行ったり、
内山先生の人柄は多くの人々の心を捉えられています。

2010年10月13日 (水)

待鳥朝子作 女性

形象派美術協会 会員(鹿児島支部・2008年度支部会員)で
「明日へ向かって」という作品で平成20年度第5回霧島美術展特別賞
(文化協会賞)を受賞された、待鳥朝子画伯の作品「女性」です。

Photo_2

2010年10月12日 (火)

上原恵子作 裸婦像

弥生の里児童画大賞展の審査員をなされた、上原恵子画伯作の「裸婦像」です。

Photo

2010年10月11日 (月)

下田白浜神社の例大祭 火達祭 三番叟 10/28-31

伊豆最古の神社・白浜神社の例大祭が10月28日~31日(日)にかけて開催されます。
(31日は幟倒報告祭が8:30から行われて、終了します。)

Photo

伊豆七島の神々のために焚かれる七つのかがり火や、無形文化財の三番叟の演舞※、
御幣流しなど、幻想的なムードです。

※今年の三番叟演舞は休止だそうです。以下のYouTubeでご覧下さい。

http://shimoda-city.info/eve24.html (下田市観光協会HPより)

2010年10月10日 (日)

三島 のびる作業所 2011カレンダー 予約受付中

画像は(福)三島市障害者福祉会「のびる作業所」のカレンダー。
年に4回水彩画教室を開催し、その作品を使っています。

Photo_6

カレンダーに採用された13枚の絵を見ていると、「季節の花」
という同一テーマながらも個性に満ち溢れ、命の計り知れない
チカラ強さを感じます。
【壁掛けA3サイズ:1000円】
【卓上 A5サイズ: 500円】 (価格は平成22年版のもの)

企業・団体様の名入れカレンダーも受付ける様です。

社会福祉法人 三島障害者福祉会 のびる作業所
〒411-0041 三島市北沢9
電話/FAX 055(977)3917
http://www4.tokai.or.jp/nobiru/

当館のプロデューサーは、障がい者施設を応援しています。

2010年10月 9日 (土)

三日月の衝立て(ついたて)

当館の玄関を入って右側、玄関ホールから西側廊下をお見せしましょう。
Photo_4

中央に見える扉の中には、天窓の開閉に使う滑車があります。
(使用停止とさせて頂いているので、現在は閉鎖しています。)

「衝立て」は年輪部分(中央)が三日月の形に開いたもの。
こちらも年季の入った珍品です。

2010年10月 8日 (金)

小島功先生の関東美人シリーズNo.1

当館の展示品として「テレフォンカード」があります。
小島功先生の関東美人シリーズとして発売された物に、他のシリーズを加えています。Photo_2 Photo_3

2010年10月 7日 (木)

南伊豆 下賀茂温泉と湯道 福地蔵巡り

南伊豆屈指の温泉地 下賀茂温泉には、温度100℃強ナトリウム泉の源泉が
現在約60本程あり、青野川を中心とした田園地帯に湯煙が立ち上る風景が
見られ、温泉情緒たっぷりの温泉地です。 

この源泉を巡る「湯の道」が残されていて、各ポイントに御影石で造られた
6体と、前原橋交差点の白坂地蔵を加えた7体の福地蔵が安置されています。

福地蔵はいずれも御影石で高さは30~50㎝、

Photo  Photo_2
  安置場所は
①家内安全・無病息災の「中良し地蔵」が湯の花観光交流館足湯裏、
②商売繁盛の「繁盛地蔵」が前原橋の八重ケ瀬湯、
③合格祈願の「学問地蔵」が東大樹芸研究所の東大湯、
④蓄財・金運の「銀の湯地蔵」が銀の湯会館、
⑤ガマの袈裟伝説がある慈雲寺に「ガマ地蔵」、
⑥福田屋周辺の佃湯、加畑湯、正湯に「子宝地蔵」が置かれています。

源泉の湯煙に包まれた下賀茂温泉一帯が温泉という大地の恵み、
パワーにあふれた地で、冬を知らない温泉情緒に包まれています。
みなさんも福地蔵めぐりをしてみませんか?(ハナハナ)

http://www.minamiizu.or.jp/post-32.html

2010年10月 6日 (水)

伊豆の珍百景「熱海の銀タコ」

熱海の川沿いにある遊歩道を歩いていると、蛸のオブジェが…。

Photo

まさしく銀だこ。結構リアルです(笑)。たこ焼き食べたくなりました。

【南伊豆でのお得な宿泊なら「貸別荘 遊雲工房」「民宿ことぶき」へ】

2010年10月 5日 (火)

青空にそびえ立つ…

青空にそびえ立つ…

南伊豆の先端部にある風車をご存知ですか?
今日の様にそよ風のふく日、西風の強く日など青空をバックにそびえ立つ
白い風車の群れは壮観です。
中木海岸以南の海岸沿いで見ると山を背にして特にきれいですよ。

2010年10月 4日 (月)

「シャボン玉」と南伊豆/別荘の広い庭

我が家の玄関先で三女と一緒にシャボン玉をして遊びました。
大きな庭があったらいいな~と七色に輝くシャボン玉を眺めながら
別荘の庭を思い出してしまいました。(raarr)

Photo

2010年10月 3日 (日)

アパートの大家さんから食事に誘われて

大家さんが食事に誘ってくれ贅沢にロブスターを食べて来ました。
レストランの中に水槽があり、ロブスターとカニが入ってました。
とても大きかったです。

Photo

子供の頃、エビが大好物だった私は、誕生日にいつも「イセエビ」
(蒸しか味噌汁で)をご馳走してもらってました。
伊豆のイセエビはとってもおいしいですよ!(raarr)

2010年10月 2日 (土)

静岡県№1漁獲量を誇る南伊豆「伊勢えび」解禁です

9/16に伊勢エビ漁が解禁になりました。
これを受けて南伊豆の旅館・民宿では、平成22年9月20日(月)~
平成22年12月20日(月)まで「伊勢海老まつり」が開催されます。

1  2

漁法は主に刺し網で、夕方に刺し網を仕掛け早朝に網を上ます。

1_2 2_2

伊勢海老はデリケートな食材です。
地元で食べれば「鮮度・価格」とも申し分なし。
特に長く蝦料理に通じている「民宿ことぶき」は腕に自信あり!(トシキ)

(オマケ情報)
三重県の伊勢産でないのに「伊勢海老」と言うのは、
この種の蝦が十脚目(エビ目)・イセエビ科に属するエビの一種で、
和名でも「イセエビ」と言うからなんです。

南伊豆は黒潮の通り道。
岩場も多く漁をするのは大変ですが、そのぶん大きくて栄養豊富な
イセエビが取れます。

2010年10月 1日 (金)

南伊豆の川海老獲り(川エビとり)

懐中電灯を照らすとまるで星を見ている様で、どこに行っても凄い数の川えびがいます。
川は浅く誰でも捕れますが、そこは我々にお任せ下さい。(出来る限りお手伝いします)

1 2

自分で捕ってきた海老を肴に酒を飲む。
そんな貴方なら子供の頃を懐かしく思い出す事でしょう。

ストレスを溜めている人が多い現在、癒される時間を過ごせると思います。
子供達なら、良い思い出作りが出来るでしょう。

週末に南伊豆へ来てみませんか。お待ちしています。(トシキ)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »